So-net無料ブログ作成
マルモのおきて 最終回 あらすじ ブログトップ

マルモのおきて 最終回 あらすじ [マルモのおきて 最終回 あらすじ]

【ピアノソロ・楽譜】 こどもの モリモリ ヒットソング(上)


ドラマ『マルモのおきて 』 最終回 あらすじ

高木護(阿部サダヲ)は、双子の父親である笹倉純一郎が生前に青木あゆみ(鶴田真由)に宛てた手紙から、すでにあゆみを許していたことを知り、双子を帰すことを決意した。いつも通りに双子を学校に送り出しつつも、寂しさから会社ではボーっとしてしまう。

そんな中、商品開発部の元上司から異動を歓迎される言葉をかけられまんざらでもない様子の護。
お客様相談室の同僚たちは双子を母親の元に帰すという護の話を聞いて驚きつつも、異動を応援する。
その夜、護は笹倉薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)に温泉旅行を提案する。無邪気に喜ぶ双子。

温泉旅行にやってきた3人とムック。観光や温泉や美味しい豪華な食事と旅を満喫し、夜はおばけを怖がる双子が護の布団に入り込み、3人で並んで寝る。

ある日、護はあゆみを呼び出し純一郎からの手紙を渡して、双子を帰すことを告げた。喜び涙を流すあゆみ。護はあゆみを連れて家に帰り、双子を前に座らせると、あゆみが本当の母親であることを告げた。
驚きながらも、今まで隠されていた理由や2人の前からいなくなった理由を聞こうとする2人。

ひたすら謝るあゆみに、自分たちは捨てられたんだと薫と友樹は部屋を飛び出して行く。護はあとは自分が言い聞かせるとあゆみを帰した。
双子を探しに出た畑中彩(比嘉愛未)は土手で座っている双子を発見した。彩は護やあゆみは2人のために嘘をついてたことを優しく説明して、家に帰るように説得した。

それからあゆみのことを口に出せず、相変わらず会社でもボーっとしてしまう護。
そんな中、何かを決心した護は、家に戻ると双子を呼び、おきてノートを取り出した…。(公式サイトより)




毎回涙流して感動してます…涙涙の最終回ってどんなことのなるんだろう。+゚(pωq)゚+。
7月3日21時から~直前の19:00 - 20:54にマルモの特番スペシャルあるそうな^^これも要チェック!

>>木俣冬 / マルモのおきて 〔Book〕















nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
マルモのおきて 最終回 あらすじ ブログトップ
ホームページ作成 岩手SEO対策上位表示SEOコンサルタント被リンク小中学校 ホームページ作成不動産 北上市ジムニーカスタムサテライトサイト相互リンクTARAKOのゆるゆる日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。