So-net無料ブログ作成
検索選択
おひさま あらすじ 13週 ブログトップ

おひさま あらすじ 13週 [おひさま あらすじ 13週]

【送料無料】 DVD/国内TVドラマ/おひさま 完全版 DVD-BOX 1

おひさま あらすじ 13週(73回~6月27日~)チェック!

昭和20年7月、帰郷した良一(寺脇康文)と再会を喜ぶ陽子(井上真央)に真知子(マイコ)が配達したのは、春樹(田中圭)の訃報だった。
陽子は春樹から託された手紙を真知子に渡す。
「優等生でつまらない男の最後のわがまま」を、真知子は受け止めてくれた。
8月6日、一発の爆弾で広島が街ごと消え、夏子(伊藤歩)の恋人は帰ってこなかった。
数日後突然の敗戦。
「軍国主義教育に携わった者は全員処罰される」といううわさがたつ。
陽子は自分が教えてきたことは間違いだったと思い詰めるが、「責任があるから、どんなにつらくても逃げない」という夏子の強さに、気持ちを新たにする。
しかし進駐軍が軍国教育の責任を糾弾しに来た。
かつての恩師・飯田(近藤芳正)の必死の弁明で、陽子のクビは辛くもつながった。
そして茂樹(永山絢斗)が戦争から無事に帰ってくる。
しかし、心にとてつもなく深い傷を負って。
徳子(樋口可南子)の勧めで安曇野の実家に帰った陽子は、茂樹の心の傷が癒えることを願う。
戦地から帰ってきたタケオ(柄本時生)は陽子の結婚を知らずに積年の恋心を告白し、玉砕。
陽子は和成(高良健吾)の帰りを待ちわびていた。
どんな顔で、どんな言葉で迎えようかとあれこれ考えながら。
(公式サイトより)





































おひさま あらすじ 13週 ブログトップ
ホームページ作成 岩手SEO対策上位表示SEOコンサルタント被リンク小中学校 ホームページ作成不動産 北上市ジムニーカスタムサテライトサイト相互リンクTARAKOのゆるゆる日記

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。